iPhone修理、正規店と非正規店はどこが違うの?

iPhoneの画面が割れた、調子が悪い、バッテリーを効果したいなど、使用していると何等かの不具合が出てくるものです。そうした時に「正規・非正規店のどちらが良いのだろうか…」と分からなくなってしまいますよね。ここでは、その違いをご紹介します。目的に合わせて賢く選択してみて下さいね。

 

修理費用の違い

修理費は正規店に比べると、非正規店の方が若干安いです。iPhoneのメーカーサポートAppleCare+に加盟しているのであれば、ディスプレイ交換は8,000円ほど、街の修理屋さんでは1万円未満の所がほとんどなので、値段は大きく変わらないと言えるでしょう。ただし、メーカーサポートに入っていないと正規店修理で2万円近くかかることもあります。

 

クオリティの差

正規店にはしっかりと修理マニュアルがありますが、非正規店にそうしたものはありません。なので実力次第で修理のクオリティが大きく左右されます。歴史のある、経験値の多い修理店であれば問題が起きることは少ないと考えて良いでしょう。ただし、あまりに格安過ぎる非正規店の場合、安価なパーツを使用していたり、技術力不足から修理して数カ月で調子が悪くなることもあるようです。

 

データ処理の違い

正規店では、個人情報を考慮してどんな修理作業であっても、端末データを消去する決まりになっています。一方で非正規店では、データを消去せず修理を進めるので、修理後のiTunesやiCloudのバックアップデータを復元する必要がなくなります。

 

待ち時間&対応の違い

非正規店であれば、修理の度合いによっても違いますが、飛び込みで持って行って最短で1〜2時間で終了することもあります。正規店の場合、持ち込みで直ぐに修理してもらえることもありますが、店舗数が少なく5〜7日ほどかかるケースが多いようです。その間に貸し出しサービスがあるので不自由することはありませんが、自分のiPhoneに必要なデータがある、自分のiPhoneを早く使用したという時に少し不便になってしまうかも知れませんね。

 

部品の違い

正規店ではAppleが認可しているパーツが使用されます。Appleでは部品パーツごとに、どこの国のどのメーカー品を使用しているか等の情報を開示していないため、非正規業者では、正規店と交換で使用するパーツが異なります。万が一正規店で修理を使用と考えた時に、非正規パーツの使用により保障から外れ「修理不可」となるケースもあります。

まとめ

正規・非正規店の違いをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?非正規店だからダメとういワケでもありません。価格を抑えたいならば非正規店。価格よりも純正に拘りたいのであれば正規店など、目的に合わせて上手に後悔のないように選択したいものですね。