修理屋さんが教えます!iPhoneを水没させてしまったらすぐにすること5 つ

iPhoneをトイレ、お風呂、洗面所で水没させてしまった…。当然、慌てるし、データは大丈夫だろうか?暫く使えなくなるんだろうか…修理費は?と不安で一杯になります。ずばり申し上げましょう。今回ここでご紹介する適切な対処法をとっても、動かなくなるケースもあります。でも、何もしないよりはずっと復旧率は高くなります。iPhoneを水没させてしまった時の正しい対処方法を見ていきましょう。

 

ステップ1:すぐに電源を切る

すぐに電源を切り、内部の電子部品がショートしないようにします。電源・スリープボタンを長押しするか、ホームボタンも同時におして強制終了させましょう。

 

ステップ2:イヤホンなどの付属品を外す

イヤホン、カバーなどの付属品をすべて外します。外さないと水分が残りやすくなり、復旧が難しくなる原因になります。付属品を外したら、接続部分や本体の水分をササッとタオルやティッシュでふき取ります。

 

ステップ2:SIMカードを抜き取る

SIMカードとは、携帯電話のIDにあたる身分証のようなもので、中には電話番号などの情報が入っています。大切な情報が入っているので、すぐに取り出しましょう。方法は簡単です。iPhoneの箱に同封されているSIM抜きツールを利用します。なかなか見つからない・箱を無くした!なんて時にはクリップの先を利用しても構いません。側面のカードスロットの横の小さな穴を、少し強め押して取り出します。
参考までに、動画をご紹介します。

 

 

ステップ3:本体を良く拭き、付属部分の水分をできるだけ落とす

ここまで来たら、より丁寧にiPhoneについた水分を落として行きます。イヤホンジャックなど細い部分では水が残りやすいです。ティッシュの先を丸めて突っ込むか、先が細い綿棒を使って拭き取りましょう。
※水分を外に出そうと振り動かすとかえって内部に水分が拡散して、逆効果になります。

 

ステップ4:乾燥させる

密閉できるような容器やジップロックに乾燥剤とiPhoneを一緒に入れます。乾燥剤はお菓子の袋や靴箱などに良く入っているので、出来るだけかき集めてみてください。乾燥材が見つからない場合、少しパワーは落ちますが、お米で代用してもOKです。2、3日は必要です。
※ドライヤーの使用は厳禁なので注意しましょう。
※早く本体内部を乾燥させようとカバーを開けてしまうと、パーツにほこりが付着したり、真水以外の水没だと不純物が詰まってさらに状況を悪化させてしまいます。自力でカバーを開かないよう、お願いします。

 

ステップ5:電源がついたらすぐにバックアップ→修理店へGO

しっかり乾燥させて、電源がついたら、すぐにバックアップをしましょう。「電源がついた」と思っても数時間〜数日で動作不能になることもあるからです。
「設定」→「iCloud」→「バックアップ」→「今すぐバックアップを作成」で簡単に操作できます。ここまで出来たら電源を落とし、「充電をしないで」修理店に持ち込みます。充電をしてご来店下さるケースが多いのですが、万が一内部が濡れていた状態で充電してしまうと、内部浸食の進行を助長する・ショートする原因になります。

 

まとめ

iPhoneを水没させてしまったら、すぐにご紹介した5ステップで対処してみてください。また、水没の度合いよっては、内部基盤でサビが発生してしまうこともあります。長期的な使用が難しくなってしまうので、できるだけ早くiPhone修理店に持ち込み、状況確認・適切な対処をしてもらうと安心です。